ガンズターン 公式サイト

楽しいことに、まじめです。 ——ガンズターンアプリ研究所公式サイト

世界からリジェクトをなくすために

Pocket

1. リジェクトされると切なくなるよね

世のiOSアプリ開発者の方々へ。
リジェクト(※1)されたことってありますか?<

わたしはあります。それもほぼ毎回。

どうも。ガンズターンのRyosukeです。
リジェクト……。あぁ、なんて悲しい言葉なんでしょう?

わたしはリジェクトをされるたびに、いつも自分を責めてしまいます。

(確かにドキュメント(※2)には書いてあった。どうして見落として(あるいはカンちがいして)実装してしまったんだろう……?)

そんな風に思い、さらにはApple の中の人に対しても、申し訳なく思うのです。
だって Apple みたいな大企業に勤めている人はぜったいにわたしより忙しいはずだからです。
それに、わたしのアプリよりもずっと多くのファンを抱えている他のアプリの審査が、わたしのリジェクトのせいで遅れてしまうと思うと、なんだか切なくなるのです。

きっと、そんな風に思ってしまうアプリ開発者はわたしだけではないでしょう。

2. リジェクトは消えない?

わたしは、リジェクトされるたびに「次回こそは気をつけよう」と考えます。
けれどどうしても、リジェクトは発生してしまいます。
なぜなら、毎回ちがう理由だからです。

新たなリジェクトに遭遇するたび、わたしはあわてふためきます。
最初のうちはなんとか自力で解決しようと、英文の解読に挑むのですが……

けっきょくは自分の読解力に不安が残り、同じようなリジェクトをすでに解決した人がいないか、Google先生に教えを乞うてきました。

そうして、たくさんのブログや情報サイトたちと出会ってきたのです。

3. リジェクトを1つでも減らすために

そうして出会ったブログやサイトを次々とサーフィンしていくうち、本来の目的とは別のリジェクトの存在を知り、事前に修正して審査提出できたこともあります。

これらの経験から、リジェクトの発生を事前に防ぐためには、経験者がブログなどを通じて情報を拡散することが、もっとも効果的なのだと考えるようになりました。
(もちろん根本的な解決方法は、開発者自身がAppleのドキュメントをきちんと読み解くことだとは思いますが……。自戒も込めて、念のため)

だからわたしも、今後経験するリジェクトの内容は逐一ブログの記事にしていこうと思います。

そうして書いたわたしの記事のうち、どれか一つでも、誰かのお役に立てたのなら。
リジェクト1つでもいいので、解決することができたのなら。

きっと少しずつ、世界中からリジェクトの数が減っていくのだと信じています。
するとやがて、Apple の中の人の業務量も減るでしょう。
いずれ審査業務がどんどん効率的になって、めぐりめぐって、自分のアプリの審査期間も短くなってくれる? ……かも知れません?

……うん。そうなるといいなぁ……。

4. ようは恩返し

とまあ、最後はむりやり壮大な話にしてみました。すみません。
つまりはこれまでお世話になってきたたくさんのブログや情報サイトに対して、自分にできる最大限の恩返しがなにかを考えた結果、自分も情報を発信する側になるべきなのではないかと思った、というだけの話ですね。

そんなわけで、まだまだ開発者として駆け出しでお役にたてる情報をお伝えできるかわかりませんが、これから少しずつ情報発信していきたいと思います。
まずは、自分がいちばん最近遭遇した、リジェクトの顛末を次の記事からどうぞ。(前置きめちゃくちゃ長くなって申し訳ありません)


(以下の注釈は当ブログ管理人の個人的な見解ですのであしからず)

※1 「リジェクト」とは……
Reject : 英語で「否認する」という意味を持つ。
iOSアプリをAppStoreで配信するためには事前にAppleの審査に合格する必要があります。
この審査で、不合格となることを「リジェクトされる」と言います。
ちなみに現在、アプリの審査にかかる一般的な期間は一週間ぐらいかと思います。
つまり一度リジェクトされるとアプリのリリースが自動的に一週間以上遅れるというわけですね。(怖)
開発者としては、できれば事前に回避したい事態です。(
本文に戻る)

※2 「ドキュメント」とは……
Apple は、アプリ開発者に向けてたくさんのドキュメント(iOSアプリを作るための説明書みたいなものです)を作成し、インターネット上で公開しています。
このドキュメントの記載通りにアプリを作れば、基本的にはリジェクトされるようなことはありません。
——そのはずですが、いかんせん量が多いうえに、最新版は英語のみになってしまうので、日本人であるわたしにとっては読み下すだけで大変です。
そしてなぜか、大事な部分ほど読み落としてしまうのです。……ほんと、不思議です。(
本文に戻る)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://www.gunsturn.com/2015/05/10/myapp_rejected/trackback/