ガンズターン 公式サイト

楽しいことに、まじめです。 ——ガンズターンアプリ研究所公式サイト

踏み台昇降ダイエットをがんばる話

Pocket

今日は手短に

どうも。ガンズターンのRyosukeです。
昨日の夜から引き続き、新規アプリのコーディングを進めております。
作成に手間取っていたUIの表示部分をなんとかこなせたので、ちょっとずつ実装のスピードが上がってまいりました。

ちょっと今は手を休めたくないので、今日は手短な記事にしようと思います。
(……て、あれ。今日そういえば木曜日(※1)だったな……)

話題は、昨日に引き続き健康系のもので。

昨日の記事でもったいぶって引っ張った「もう一つの健康法」ですが、すでにタイトルにある通り「踏み台昇降ダイエット」なるものになります。
聞いただけでどんなダイエットなのか想像ついちゃうと思いますが……まあご想像の通りです。(笑)

ここでは、わたしが実際にどのように「踏み台昇降ダイエット」をしているのかについて、感想も交えながらご紹介したいと思います。

1. 何はなくとも有酸素運動

わたし、体脂肪率が高めであることはすでにブログに書きましたが、それだけではなく「内臓脂肪」もかなりお高めなんですね。
具体的にいうと、体重計に「ごんぶと」と表示される(※2)ぐらいの脂肪過多なんです。

……で、例のごとくのインドア脳で、なんとか外に出ないでこの憎き内臓脂肪を滅却してやる方法はないだろうかと色々と調べていたら、やっぱりありました。

「踏み台昇降ダイエット」
Google検索にかけると、とてもたくさんのブログ記事などがひっかかります。
一つ一つ読んでいるうちに、「これは確かにすごそうだ! ぜひ我が社にも導入しよう」という流れに相成りまして。

一日一度、30〜50分を目安に、踏み台昇降ダイエットの時間を設けることにしました。

2. やり方はいたってシンプル

はい。なんといっても踏み台昇降ダイエットがいいところは、手頃な踏み台さえあれば、面倒な手順を踏まずにすぐに始められるところですよね。

時間を決めたら、あとはひたすら踏み台を昇ったり降りたりの繰り返し。
学生時代に、スポーツテストとかで「踏み台昇降」という項目がありましたが、まさにあれとまったく同じ動きです。

それを、30〜50分、ひたすら繰り返すだけ。

「そんなの、運動になるの?」

そんな風に侮られている方も当然いらっしゃると思います。
わたしも最初は舐めてかかってましたが、実際にやってみると終わる頃には汗だくです。

初めてやった時は、20分ぐらいでダウンしてしまいました。
けれど、ランニング等に比べると極端な疲労は感じないので、毎日仕事をしながら無理なく続けていけそうだな、というのが今のところの印象です。

3. 元手0円で、始めやすい

わたしの場合は、インターネット通販で届いたダンボールの空き箱の中に、昔定期購読していた経済情報誌を詰め込みまして、周りをガムテープでぐるぐるに補強したものを使っています。(ちょっと見栄えがよくないので写真は控えますね。ごめんなさい。笑)

高さは、15cmぐらい、かな? 正確に測ってませんが、たぶんそれぐらいです。

人によっては踏み台昇降用の台を買う人もいると思いますが、予算が許すのならそれでもぜんぜん問題ないと思います。(だいたい2,000円ぐらいから買えるみたいです)

かくいうわたしも、今使っている踏み台が使い物にならなくなったら、きっちりした踏み台を購入するつもりです。

4. 一週間でそれなりに効果実感!

体脂肪率が一週間で2%下がったことはすでに昨日の記事でもお伝えしてますが、それと同時に心肺機能もちょっと向上したみたいです。
買い物のために自転車をこぐ時も、以前より疲れが軽減されて、どこまでも漕いでいけるような感覚になる時もあります。

踏み台昇降ダイエット、わたしみたいにインドア派なあなたにはとてもおすすめ有酸素運動ですよ。

もっぱらわたしは、録り貯めたアニメ番組を視聴しながら踏み台昇降しています。
先日は、ジョジョの奇妙な冒険第3部のダービー(兄)戦を見ながらやってみました。
結果、画面内のジョセフ以上に汗だくのおっさん一人の出来上がりです。

個人的に、ただ昇り降りするだけでなく、上半身のひねり運動なんかも加えると、より内臓脂肪に「ガツン」と効いている気がします。

この踏み台昇降の結果については、今後も一月おきぐらいにご報告できればいいな、と思っています。

それでは、本日の記事はこのへんで。
ようやく本業にアクセルがかかってきた、Ryosukeでした。m(_ _)m


(以下の注釈は当ブログ管理人の個人的な見解ですのであしからず)

※1 「木曜日」について……
以前も記事に書いた通り、ガンズターンは基本的に木曜日をお休みとしています。ただし、諸々の事情で、ひょっとしたら来週から水曜日になるかもしれません。(
本文に戻る)

※2 「体重計に「ごんぶと」と表示される」について……
果たして今の若者に、この元ネタがすぐにピンとくる人はいるのだろうか。いや、若者どころか、同世代の人間にも伝わらないかもしれない……。何を隠そう、わたしが中学校時代にめちゃくちゃ好きだったギャグ漫画「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」における、モエモエのダイエット話で出てくる一幕です。たまたま乗った体重計に「ごんぶと」と表示された彼女は、なんとか痩せようとダイエットを試みるが……というお話。爆笑したのを今でも覚えてます。しかし、本当にうすた京介先生の漫画は大好きだったなあ。……また新作読みたいなあ……。(
本文に戻る)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://www.gunsturn.com/2015/05/14/up_down_diet/trackback/