ガンズターン 公式サイト

楽しいことに、まじめです。 ——ガンズターンアプリ研究所公式サイト

アプリのPR活動に精を出してみる(ぱずもぐ)

Pocket

前置き

こんにちわ。午前中に記事アップしようと思っていたのに、もうこんな時間(14時)です。

ガンズターンのRyosukeです。

今回の記事は、前回の続き。

個人開発のアプリ(「ぱずもぐ!」)に対して、どうやって世間様からの注目を集めるかいろいろ試行錯誤してみる、という話をしたいと思います。

(「ぱずもぐ!」のダウンロードはコチラからどうぞ!

とはいえこの話題、まさに現在進行中の話ですので、ひょっとしたらどの試みも何一つ成果を上げられないかもしれません。

その時はその時で、今回のこの記事が今後の戒めになるように、いろいろと書き残しておきたいと思います。

1. ただアプリを出しても、見向きもされない

これは昨今よく言われる話ですね。
たとえどんなによく出来たアプリであっても、自分からPR活動をしなければ世間に認知されず、ダウンロードすらされないということです。

聞くところによると、AppleのAppStoreに登録されているアプリだけでも、80万を超えるタイトルがあるそうです。(しかも日に日に増え続けてます)
そりゃ、確かに埋もれますよね。

……で、誰からもダウンロードされないアプリは存在しないのと同じという……(;_;)

わたし自身、PR活動は超苦手(変に気負ったり、不必要な誇張をしたりしちゃうんです……)なのですが、これも勉強の一環と思ってがんばりたいと思います。

2. 具体的に何をやっているか

まずは、おそらく世間一般のアプリ開発者の方々がやっていることと同じことをしたいと思います。

具体的には、以下の通り。

  1. ブログやTwitter等、自分のメディアを通じてのリリース告知
  2. アプリ紹介サイトへのプレスリリース送付
  3. アプリ紹介用動画の作成

以下、それぞれについて現在どんな感じかを綴っていきますね。

3. 自分のメディアへのリリース告知

これについてはこのブログ及びTwitterで告知させて頂いた通りです。

また、わたしの場合はLINEのタイムライン上にアプリのアイコンとストアのリンクを載せたりもしました。
総ダウンロード数10のうち、3つくらいはLINEからのツテでダウンロードしてもらったような感じです。

やっぱり、知り合いが一番強力ですね。
わたしの場合、諸々の事情であまり大々的に「独立しました」と知り合いにカミングアウトできてないんですが……
友達多い人にはぜひ、LINEのタイムライン上にリリース告知載せることをお勧めします。
(意外と、みんな見てないようで見てくれてますよ)

4. アプリ紹介サイトへのプレスリリース送付

おそらく「アプリ開発におけるプレスリリースってなんぞや?」という方がここを見てくださる方々の大半を占めていると思いますので、簡単に説明します。

ざっくり言うと、「こういうアプリを作成したので、ぜひダウンロードしてみてください。おもしろかったら、貴サイトで紹介してくださいね」という内容の文章を「アプリ紹介サイト」へ送付することを「アプリのプレスリリースを送付する」と言ってます。(少なくともわたしは)

普通の企業でいえば、「広報活動」にあたる業務ですね。

「アプリ紹介サイト」といっても世の中には千差万別あるのですが、わたしは以下の雑誌に載っていた情報を頼りにプレスリリースを送ってみました。

Mac People 2014年10月号
一年前の記事なのでちょっと情報古いかもですが、アプリのリリース告知に関する情報を網羅的に紹介してくれているので、きっと今でも参考になると思います。
(紹介されているほとんどのサイトは今でも精力的に活動なさってますし)

現在のところ、送ってみたプレスリリースの数は、15サイト。
(送付してから1週間程度経ちますが、記事として取り上げていただいた実績はまだ0です。汗)

一応、サイトの雰囲気ごとに文体を切り替えながら、主にEメールにプレーンテキストのみで送付してますが、どこかやり方がよくないのでしょうか……?
(少なくともダウンロードまでして頂けたんならダウンロード数自体が多少は増えるはずですが、それもないようなので、察するにプレスリリースの文面とStoreのページだけでふるい落とされているのかと思います……)

今後も、新しい送付先が見つかり次第、少しずつ送付していこうと思います。

5. アプリ紹介用動画の作成

これについては、実は今回、一番苦労した部分です。
というのも、動画を作るのが技術的に難しかったとか、作成に時間がかかったとかではなく……。

……単純に、作成した後の動画のエンコードにつまづいて2日も消化してしまいました。

あんまりここについて突っ込んで書くとこの記事の主旨から外れてしまうので詳しく書きませんが、動画のエンコード時に「Kernel Power 41」というエラーコードを吐き出してWindows PCがブルースクリーンになってしまうという事象が多発してしまったんです。

電源周りの設定とか色々見直して、何度も何度もエンコードやり直したんですがどうしても治らない……

どうやらAviUtl上でx264エンコードすると起きるみたいなので、最終的に50GBもある巨大なaviファイルを無圧縮で出力してから「つんでれんこ」さんのお力をお借りしてなんとか無事、mp4ファイルを作成することに成功しました。

動画自体は半日もかからずに作ったというのに、エンコードで丸2日とか……

もうこれだけで、一週間はPCに触りたくない、と思っちゃいました。

ちなみに、苦労してエンコードした動画は以下のサイトにアップロードしてあります。

ニコニコ動画

Youtube

Youtube版の方がほんのちょっとだけ画質がいいかも。

ただアップロードしただけでは誰からも見てくれもらえないことがわかりきっているので、投稿者コメントとかを多少自虐的にしてみました。

加えて、「自分の動画をニコニ広告で宣伝する」という、良識ある大人ならまずやらないであろう禁断の技まで使用しております。
(もちろん、匿名で広告したところで自作自演はすぐにバレるので、名前はわたし自身であることがすぐにわかるようにしてますが)

……ネタ的な意味で構わないので、見た人が少しでも興味持ってくれると嬉しいんですが……。

これについては、多少リスキーな宣伝方法だったかもしれませんが、なんらかの効果が計測でき次第、またブログのネタにしようと思います。
(恐らくアプリの宣伝方法を検索してこのサイトに来られる方も多いと思いますので、そういった方々のための人柱になれるのであれば本望です)

6. 現時点での反省点

ちょっと順番間違えたかな、と現在感じているのは、動画の作成よりも先にプレスリリースを送ってしまったことですね。
先に動画を作っておけば、プレスリリースの中に動画のリンクを埋めることができて、ダウンロードしてもらえずともアプリの雰囲気はお伝えできたかと思うので……。

とはいえ、さすがに「動画作成しました」だけでプレスリリースを行うのもちょっとどうかと思うので、これについては次回の機能追加アップデート後に、改めてプレスリリースする時にリンクを貼り付けたいと思います。

あとは、これまでの人生でもっと友達を多く作ってくればよかったというのが、最大の反省点です。

7. これからやろうと思っていること

かの有名な週間アスキーさんが運営されている「iPhonePLUS」というサイトさんにおいて、自前の記事を投稿できるように取り計らってもらいましたので、今日これから記事の作成に挑もうと思います。

記事の作成後、公開までの間に審査が入るので必ず公開できるとは限りませんが、なんとかがんばってみます。

無事公開された暁には、またブログでご報告しますね。

それでは、また!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://www.gunsturn.com/2015/08/08/puzzmog_pr/trackback/